2017年1月25日 admin

インターネットからプライバシー流出?

様々なSNSがあるなかプライバシーの保護はできていますか?SNSに投稿した写真や動画などが原因で住所や学校が特定されてしまうことがあります。SNSに投稿した画像や動画は閲覧規制をかけない限り誰でも見ることができるため、犯罪に巻き込まれてしまう可能性があります。さらにその画像などが1度拡散されてしまうと自分で全て収集することはほぼ不可能です。このようにSNS上には友人や芸能人の近況など沢山楽しむこともできますがその分危険性も多く潜んでいるのです。

プライバシーを守るために

インターネット上のプライバシーを守るためにまずはパソコンやスマートフォンにインストールされているアプリケーションやウイルス対策ソフトと常に最新バージョンにしておく必要があります。さらにブラウザのセキュリティを高めたり、パスワードをなるべくこまめに変更しておかなければなりません。そして最も大事なことはSNSやインターネットに投稿する写真や動画が本当に投稿して安全なのか見極める力が求められます。知られてはいけない情報は必ず投稿しないようにしましょう。

スマホのGPS機能にも注意

SNSに投稿するにあたり、スマートフォンに搭載されているGPS機能機能にも気をつけましょう。GPS機能のせいで自分の居場所が分かってしまうことがあります。なので写真や動画を投稿する際にはなるべくGPS機能を切っておくようにしましょう。居場所を知られたくない時や他の人と一緒に写っている写真は特に気をつけるようにしましょう。それだけでもプライバシーを守ることにつながります。このようにSNSに投稿する際には気をつけてSNSを楽しみましょう。

機密文書というのは、保管だけでなく廃棄の際にも厳重な取扱いが求められ、外部への流出を防ぐ工夫が必要となります。